クソデッキ紹介-スワン・アサルト


f:id:takariyataisyoku:20170723233027j:image

 

 

ドレッジ・ヴァインはなんか全然勝てなくなったので蔦諦めて普通のドレッジにしようかなとか思ってます。

まあそんなことは全く関係なくて、今回はもう一個持ってるモダンのクソデッキ、スワン・アサルトについて紹介しようと思います。







f:id:takariyataisyoku:20170723234550j:image


スワン・アサルトはその名の通り、突撃の地鳴りでひたすらブリン・アーゴルの白鳥に2点火力を飛ばしてドローし、土地をハンドにためまくり、最後に10枚以上の土地を顔面に叩き付けてゲームを終わらせるクソデッキです。

白鳥は火力に強いし、稲妻なんかをドローに変換出来るから赤青カラーのコントロールでフィニッシャーとして採用されたりもするらしいですが、このデッキではひたすら虐待されるだけです。

 

あんまり複雑な動きをするデッキではないので、さっさとレシピを紹介します。

 

 

 

 

メインボード 60

 

◾️クリーチャー 4

4:ブリン・アーゴルの白鳥

 

◾️呪文 15

4:突撃の地鳴り

1:一日のやり直し

4:宝物探し

4:血清の幻視

2:稲妻

 

◾️土地 41

6:島

15:山

4:さまよう噴気孔

4:シヴの浅瀬

4:尖塔断の運河

4:天啓の神殿

4:隠れた茂み

 

 

サイドボード 15

1:研究室の偏執狂

1:田舎の破壊者

1:マナ漏出

4:呪文貫き

2:神々の憤怒

3:削剥

1:稲妻

2:トーモッドの墓所

 

 


f:id:takariyataisyoku:20170724001219j:image

 

 

血清の幻視や天啓の神殿で占術して白鳥+地鳴りのコンボ成立を目指します。

1ターン目幻視、3ターン目地鳴り、4ターン目白鳥が理想なので2ターン目の動きとしてデッキ圧縮しつつ地鳴りのコストにもなる隠れた茂みを投入。赤が出るサイクリング土地なら別のでもいいです。

基本的な勝ち筋は前述した通りですが、白鳥虐待する他には宝物探しで土地いっぱい加えて地鳴りで20点火力というのもあります。

なので、白鳥引くより地鳴り引いた方が勝ち筋が多いため、キープ基準は地鳴りがあることかなと思います。

一日のやり直しは、その宝物探しの動きで土地が2、3枚足りなかったとか、デッキ残り1枚まで引き切ったけど相手がライフゲインしてて殺せないときなんかの最後の一手として使いましょう。

 

 

サイドボードは、ハンデスやら打消しやらに死ぬほど弱いので、その辺にまとめて強い呪文貫きを採用してます。

あとは相手に白力線引かれるとどうやっても火力じゃ勝てないので、ドローしまくって研究室の偏執狂で勝ちを狙います。

 

 

デッキのコンセプト的にあんまりドロソ積めなくて安定はしませんが、決まったときは楽しいのでプロキシで組んだり人から借りたりしてたまに使うとストレス発散にはなります(余計たまるかもしれません)。

 

わざわざお金払って組むのはやめた方がいいと思います。

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

ドレッジのプレイ メモ


f:id:takariyataisyoku:20170718071459j:image

 

昨日色んなデッキとやって思ったことを書いていきます。

メモです。

 


f:id:takariyataisyoku:20170718065241j:image

対リビングエンド

リビエン撃たれてもこっちのが墓地のクリーチャーが多い、とはいえイフニルの魔神がいて3回サイクリングされるとこっちのクリーチャーは全滅するので、相手の墓地が肥える前に並べて殴りまくって無理矢理続唱させないと不利だと思う。

イフニルの魔神が着地したら燃焼で最優先で焼くこととも大事。

3マナたまるまではフェアリーの忌み者以外でこっちに干渉してくることはまずないので、ディスカード手段が複数あるときは本命を2ターン目に残しておいて、1ターン目に捨てた適当な発掘に忌み者を撃ってもらえるように。

例えば1ターン目信仰無き物あさりで捨てるんだったら発掘+普通は捨てない土地を切って他に切れるものがないように見せたり。

あと大爆発の魔導士入ってるデッキだから土地破壊されても壌土からの生命でなんとかなるよう森の確保が最優先。

サイチェンはほとんどの墓地メタが続唱に引っ掛かるから虚空の力線を割るカードと忌み者のケアを意識していく。枠があればサイドに黒力線欲しい。

 


f:id:takariyataisyoku:20170718065337j:image

対青白コン

3色かつ土地の枚数をかなり絞ってるデッキだからマナベースが貧弱で広がりゆく海を連打されると何も出来なくなる。

毎ターン土地を供給できる=ロームを撃てるように緑マナを1枚は持っておきたい。

負けパターンは縫合体に同名全部追放するエンチャント撃たれてテンポとられてる間にどんどん土地が島になっていくことだから難しい。メインにエンチャント破壊はないし。

序盤からガンガンライフとって向こうがまともに動き出す頃にローム燃焼で勝てるのが理想。多分。

 


f:id:takariyataisyoku:20170718070219j:image

エスパーメンター

メインは普通に動いてれば勝てそうな感じがあったので、サイチェン後は各種除去は僧院の導師最優先ってことを意識して。

ヴリンの神童、ジェイスはPWになってから普通に殴るんでも多分そんなに問題ない。

とにかく除去が少ないデッキだからその対象を間違えないように。

あと差し戻し直撃するからフラッシュバック物あさりも基本的にはやらない。

サイチェンは未練ある魂やエルズベスのトークン焼けて安らかなる眠りも割れるゴルガリの魔除けが一番便利そう。

 


f:id:takariyataisyoku:20170718070925j:image

対黒単

ゲラルフの伝書使と黒信心につき1点ドレインのあいつをどうすればいいのかわからないので教えてください。めっちゃ苦手。

 

 

親和とかヴァラクートとかやったことないけどよく名前見るデッキともやってみたいです。

土曜日休みだったら大会出れるのに...

採用するか迷ってるカード


f:id:takariyataisyoku:20170711230157j:image

 

 

タイトルの通り

ほぼメモ

 

 
f:id:takariyataisyoku:20170712065854j:image

よろめく殻

唯一の発掘ゾンビ

墓所這いとセットで使おうとすると4マナは重いけど発掘だけで蔦起動までいけるのは魅力的

 



f:id:takariyataisyoku:20170712070730j:image

屑肉の地のゾンビ

1マナ蘇生ゾンビ

黒3マナあればW墓所這いからの蔦までいけるけどさすがに微妙

 

 
f:id:takariyataisyoku:20170712065927j:image

災いの悪魔

蘇生すれば3マナ4/3速攻で縫合体までついてくるのは優秀

入れたかったけど憑依された死体を優先せざるを得なかった

 


f:id:takariyataisyoku:20170712065937j:image

臓物を引きずる者

サイクリングで勝手に墓地いって蘇生で縫合体起動と思うと無駄がなく思える

実際は4マナかかるからどうでしょうね

 

 

f:id:takariyataisyoku:20170712070531j:image

シブシグの泥浚い

発掘うまく回せた時の4ターン目くらいに握ってたら強そう

 


f:id:takariyataisyoku:20170712070000j:image

殺人王、ティマレット

恐血鬼生け贄に捧げて回収は容易そうだけど回収にマナかかるのがネック

場に何もなくても土地3枚あれば蔦起動できるのはいいと思います

 


f:id:takariyataisyoku:20170712070129j:image

変幻影魔

1枚くらいあると活躍しそうに思える

手札切るために 撃ちたくない燃焼撃たずに済むのはいいかも

 

 


f:id:takariyataisyoku:20170712070201j:image

黄泉からの橋

燃焼以外で能動的に相手のクリーチャー殺せなくて悲しい

 


f:id:takariyataisyoku:20170712070212j:image

大渦の脈動

サイドにほしい

高い

 

 
f:id:takariyataisyoku:20170712070225j:image

削剥

破滅の刻のカード

サイドに除去もアーティファクト破壊も必要なデッキだからとりあえず採用して試してみたいと思います

 

 

脈動と橋以外は安いからとりあえず買っておこうと思います

もしモダンで使えないカードあったら教えてください

 

削剥はでかい画像しかなかった

ドレッジ・ヴァイン サイドボード編


f:id:takariyataisyoku:20170707191914j:image

 

サイドボードの構築

 

2《古えの遺恨/Ancient Grudge》
3《ナルコメーバ/Narcomoeba》
1《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
3《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《復讐に燃えたファラオ/Vengeful Pharaoh》
2《自然の要求/Nature's Claim》
2《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1《骨までの齧りつき/Gnaw to the Bone》

 


役割

復讐に燃えたファラオ
発掘があれば何度でも繰り返し使える除去。
ドレッジは縫合体がタップインする性質上ノーガードになりやすいので、マナを使わず、発掘で雑に落としてるだけで防御手段を確保できるのは貴重。

 

ナルコメーバ
サイドチェンジで蔦セットを抜いた場合どうしても発掘の当たりが減るので投入。
小型を並べて殴ってくる速いデッキにはこれでチャンプブロックしつつ縫合体で頑張る。
サイドの枠をこいつにとるのはあんまり賢いことではない。

 

コジレックの審問
囲いじゃないのは前述の通りノーガード気味+フェッチからのショックインもよくやるデッキで2点失うのは結構キツいから。
あとほぼ墓地メタ対策を抜くだけだから4マナ以上のカードを狙ってる余裕とかない。

 

古えの遺恨
特別書くことはないけど引いても落ちても強い。


骨までの囓りつき
速いデッキ相手にとりあえずこれで遅延。墓地が肥えるまで耐える。

 

自然の要求
デメリットはあるけど1マナインスタントで月や黒力線、墓地メタアーティファクト、エンチャント全部処理できて素晴らしい。
むしろ引かないといけないのが一番デメリット。

 

ゴルガリの魔除け
前は衰微だった枠。神々の憤怒を防いだり衰微で割れない黒力線を割ったり多芸。
-1/-1修正も自分の墓所這い殺してまた唱えられるようになるしモード全部使いどころあるのが素晴らしい。
これも素引きする必要あるのが一番のデメリット。

 

ボジューカの沼
ロームで吊れるから墓地メタはこれを採用。
1枚だと間に合わないことが多いから2枚にすべきな気も。

 

 

その役割ならこっちのがいいよみたいなカードがあれば教えてね。

ドレッジ・ヴァイン 構築と雑記

f:id:takariyataisyoku:20170707122533j:plain

タイトルの通り、現状の構築を晒して思ったことをだらだらと書きます。


構築

1《朽ちゆくネズミ/Rotting Rats》
4《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
3《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
4《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
3《墓所這い/Gravecrawler》
4《復讐蔦/Vengevine》
1《憑依された死体/Haunted Dead》
4《恐血鬼/Bloodghast》

4《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
3《壌土からの生命/Life from the Loam》
4《安堵の再会/Cathartic Reunion
3《燃焼/Conflagrate》

1《血の墓所/Blood Crypt》
1《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
1《森/Forest》
4《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1《山/Mountain》
1《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2《草むした墓/Overgrown Tomb》
2《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》



雑記

蔦入りを使った感想としては、一番はやっぱり発掘の落ちが強いということ。

縫合体が1枚しか落ちなくとも、その縫合体に墓所這いがついてきてさらに蔦起動とクリーチャーが並ぶ。

加えて、墓地から出てくる戦力が多いので長期戦にも強い
ドレッジといえど序盤の落ちが悪くて長期戦になると相手もそこそこのサイズのクリーチャーが並び出し、恐血鬼や縫合体のサイズでは突破しきれないことがあるので、蔦と墓所這いで頭数を増やして強引にライフを持っていける部分はあると感じた。


とはいえメインの枠がカツカツすぎて、現状の墓所這いが縫合体が落ちる前提のカードになっているのが引っ掛かる。

盤面空の状態から縫合体を起動出来るカードが恐血鬼、憑依された死体、朽ちゆくネズミしかいないので、落ちによっては縫合体と蔦が墓地に残ったまま何も出来ないこともたまにある。

蔦が使いたくて始めたモダンなのでもっと考えてはいきたいけど、60枚でドレッジ+蔦両方のコンセプトを取り入れるのは相当難しい気も。

メインはなんだかんだ勝ってるけど、サイドチェンジの融通の効かなさは2戦目以降が弱いデッキにおいて致命的だと思う。

あとはメインにナルコメーバがいないことによるアグロ系デッキへの弱さや、土地18枚(タップインするダクムーア2)とかなり無理した構築なので土地事故が多いところなんかも。


まとめると、現状の構築は引き(ディスカード手段や土地)と発掘の落ちに依存しすぎているので、ここを改善したいということ。

ドレッジがそういうデッキと言えなくもないけど、その部分を尖らせてまで最近まず見ない蔦を採用する理由っていうものは必要だという話。


サイドチェンジ後の墓地メタ対策は結局は練習しかないと思う。
審問や古えの遺恨、自然の要求でなんとかするのは当たり前として、捨てるカードや発掘すべきかどうかの判断なんかは他人のレシピを参考にしてもどうにもならないので。


対○○でどうこうというよりは、メイン戦最強クラスのデッキなんだからまずはメイン戦で理不尽を叩きつけられるように。

俺は沖縄行きの飛行機で何をやってるのか...。